仕事

満員電車のストレスがヤバすぎる!解放から2年経過して感じたこと

満員電車って本当に最悪ですよね。

会社勤めのサラリーマンなら、毎日満員電車に揺られながら職場に出勤している人も多いのではないでしょうか。

路線によっては

「もうこれ以上は乗れないよ!」

って状況でも、ギューギューに押し込められて電車内がもう「ぐちゃぐちゃ」になっている光景をよく見ます。

駅に着くたびに人の乗り降りがあるので、周りにも気を使わなければならないですし。

夏場なんかは、電車内が熱気に包まれてしまう。

「満員電車さえなければもう少し楽になるのにな」って思いますよね。

今回は、満員電車のストレスと、それが無くなったときの話を書いていきます。

満員電車のストレスは戦場の兵士以上

少々古いものになりますが、イギリスの心理学者であるDavid Lewisが通勤する人のストレスについて行った調査結果を当時メディアが報じています。

通勤ラッシュによるストレスは戦場以上–調査報告
参考:CNET Japan
(https://japan.cnet.com/article/20077623/)

まさか、普段の行動が臨戦状態のパイロットや機動隊員よりもストレスを感じているとは。

この内容には正直驚きましたが、確かに満員電車の中では身動きが取れないので、自分の思い通りにできない部分についてはストレスに感じるというのは納得できますね。

しかも、その状態を長時間続けなければならないのだから、いくら毎日のことで慣れているとはいえ、よく考えたらかなり過酷な状態です。

過度なストレスは体に良くないことには変わりはないので、できれば避けたい環境には変わりありません。

殺伐とした車内の雰囲気とトラブルのリスク

上に紹介したストレスからくるものなのでしょうが、満員電車の中はみんなピリピリしていますよね。

電車内は人であふれているので、自分が立つ場所やつり革を確保するのにも一苦労です。

それに、普段は怒らないことであっても、ついイライラして喧嘩している人を見かけます。

  • 足を踏まれた!
  • 寄りかかられた!
  • 電車の乗り降りの邪魔をされた!

とかで口論になっている人多いですね。

普段なら「そこまで怒ることもないよね?」みたいなことでも、満員電車のストレスにさらされていると、つい「カッ!」となってしまう。

些細なことが発端で問題に発展するので、満員電車に乗るとこ自体がトラブルに巻き込まれるリスクがどうしてもあります。

何もできない無駄な時間

満員電車に乗っている間は、本当に何もできないんですよね。

スマホをいじるのだって一苦労。

本なんて読んでいられませんよね。

うまいこと読んでいる人もいますが、全員が全員そうできるわけではありません。

通勤時間を有効活用できないんですよね。

それに、仕事を開始する前にパワーを消耗する点でも問題です。

朝は頭が冴えている時間帯です。

それなのに、満員電車に揺られて会社に着くころにはちょっと疲れていますよね。

せっかく効率よく仕事ができる時間帯なのに、疲れていたら気持ちよく仕事に取り掛かれないですから。

その分時間を無駄にしてしまいます。

【改善の兆しなし?】近年の混雑率は横ばいが続く

「満員電車を早く解消してくれ」というのが通勤している人の思いですが、現実は厳しそうです。

というのも、昭和のころに比べれば混雑率は解消しているものの、近年は混雑率が横ばいで改善の兆しがないのです。

国土交通省のHPに混雑率に関するデータがあるのですが、東京圏に関しては平成25年以降、混雑率160%以上で横ばいの状態が続き、大阪圏や名古屋圏は東京よりも混雑率は低いものの、近年若干ながら増加傾向がみられます。

やはり、行政や輸送機関側だけでは対策に限界があるのでしょうか。

東京に関しては、人口がしばらくは緩やかに増加していくという統計データもあるので、今後も横ばいの状態が続きそうですね。

満員電車対策は行ってはいるものの、なかなか現実は難しそうです。

満員電車を避けるための行動

ストレスもかかるし、時間も無駄にすることが明らかな満員電車は、人生の中でも避けたい環境です。

満員電車に乗らなくてよくなる行動を何個かピックアップしてみます。

3-1.朝早くに家を出る

明日にでもすぐに始めることができるのが、この朝早く家を出ることですね。

朝早く家を出てしまえば、満員電車に遭遇することはなくなります。

手っ取り早く始めることができるのでおすすめの方法です。

初めは朝早く起きることがつらいかもしれませんが、慣れてしまえば苦に感じませんよ

そして、朝早く電車に乗って職場の最寄り駅についたら、朝活をすることをお勧めしたいです。

頭もクリアな状態なので、普段なかなか自分一人の時間が取れないという方も、自分のやりたいことに集中でて有意義な時間を過ごせますよ。

【朝活】毎朝2時間を1年続けてわかったメリット毎日朝2時間の朝活を1年間続けてみたら、どのように変わると思いますか。朝活は「意識高い人がやるもの」から「皆がやるもの」にシフトしていくと思います。今後、生涯学習が必要になる中で、朝の「誰にも邪魔されない時間」は一人一人に必要となると感じています。どうせやるなら早い方がいいので興味があれば初めてみてはいかがですか。...

3-2.職場の近くに引っ越す

次に自分でできることとしては、やはり職場の近くに引っ越してしまう事ですね。

会社から自宅までの距離が近ければ近いほどいいです。

毎日の通勤時間を減らすことができて自分の時間が確保できるなら、その価値はありますよ。

私も職場の近くに引っ越しましたが、通勤時間を減らすことができると毎日の生活に本当に余裕が生まれます。

地域によっては家賃が高くなるかもしれませんが、私なら部屋のグレードを下げてでも職場近くで部屋を探しますね。

不用意に生活コストを上げてもしょうがないので、いらない部分は削ります。

通勤時間が減らせれば精神的にも楽になりますし、仕事終わりも勉強や運動ができるだけの時間と活力が残っています

もちろん、徒歩や自転車で通勤できるような環境であれば最高ですね。

3-3.フレックスタイムを最大限活用する

会社にフレックスタイムなどの制度があるなら積極的に使ってみるべきです。

勤務時間をうまいことずらすと「通勤ラッシュが始まる前」または「通勤ラッシュが終わってから」出社することになるので、電車内は空いています。

私の周りでも、会社の制度を利用して時間をずらして出勤する人が増えてきました。

朝早く出社する人、逆に遅めに出社する人様々ですが、時間に関しては

「慣れれば楽だ!」

だそうです。

ただ、会社の制度が整っているのにまだまだ使われていないっていう事がとても多い印象ですね。

制度はあるけど「周りの人がやっていないからなんとなくやりにくい」っていう雰囲気があるようですが、正直有効活用しないのは勿体ないですよ。

家庭によっては子供の送り迎えもあるので他の生活との兼ね合いを気にするところですが、取り入れられるなら取り入れていきたいところですね。

3-4.テレワークを活用する

今のご時世、職場でないと仕事ができないという状況はどんどん少なくなっていきますね。

そもそも、インターネット環境が整備されているので、職場に集まって仕事をする必要ってなくなってきています

私も仕事でテレワークを活用していますが「通勤しない」っていうのはかなり快適なことです

職種によって異なるかもしれませんが、このような働き方って今後も加速していきます。

通勤という概念がなくなっていくのは自然な流れですね。

テレワークは満員電車を避けるのには最強の方法です。

在宅でできればそもそも通勤しないですからね。

たとえ会社に出社しなければならない用事があったとしても

  1. 家でできるような仕事は家で行い
  2. それが終わってから出社すればいい

ので、自然と通勤ラッシュの時間はさけられますね。

このような環境が整っているなら、積極的に使っていくことをお勧めします。

テレワークのメリット5選!実際のテレワーカーが紹介在宅勤務をはじめとしたテレワークという働き方が浸透してきています。会社のオフィスに行く必要がない、家にいながら仕事ができるというのは働き方の選択肢を大きく広げてくれますね。テレワークのメリットについてまとめていきます。...

3-5.転職する

どうしても満員電車を避ける方法がなく、会社の制度も整う見込みがないなら、転職を視野に入れるのも一つの方法です。

フレックスタイム制やテレワーク環境を整えているところは徐々に増えつつあります。

会社の制度が整っていて、なおかつその制度を使える社風なら、会社の制度を利用するだけで自分の生活を大きく改善していくことができます

私も現在はフレックスタイムやテレワーク環境が整っている組織で働いていますが、やはり会社の制度で自分の生活が大きく変わる事は事実です。

そのような意味でも、転職を視野に入れるのはお勧めの方法です。

満員電車のストレスから解放された

私はかれこれ2~3年ほど満員電車とは無縁の生活を行っています。

職場に行く必要があるときは朝活で時間をずらし、パソコンだけで仕事を完結させられるときはテレワークを利用して「そもそも通勤しない」環境を整えてきました。

満員電車に乗らなくなってから思ったのですが、あれは本当に地獄です。

自分が乗っているときは「こういうもん」って思っているので気が付きませんが、客観的に見られるようになって「よほどのことがない限りはもう乗りたくない」と最近つくづく思います。

満員電車のストレスから解放されると精神的にも時間的にも余裕が生まれました

生活において余計なストレスを感じないようにすることはとても大切です。

自分の生活習慣を変えるだけでも通勤電車を避けることができます。

可能であれば工夫してみてはいかがですか。