仕事

うざい上司にありがちな7つの特徴

うざい上司っていますよね。

会社の人間関係で悩んでいる方の多くがあげる理由として「上司との関係」がありますね。

上司との関係で悩まれている方は非常に多いと思うのです。

社会人としてそれなりに働いていたら、うざい上司にあたってしまった経験をお持ちの方も多いと思いますし、自分の身の回りの友達や会社の同僚から「うざい上司の話」を聞いたことがあると思います。

うざい上司の話を聞くと「えっ!?マジ最悪じゃねーかその上司!!」と、思わず口に出してしまうようなエピソードも多いですよね。

本記事では、自分や周りの友達、会社の同僚が実際にかかわったことがある経験から、うざい上司の特徴をまとめてみます。

自分がいつも正しいと思っている

自分と違う意見を受け入れない、いくら話しても人の話を全くと言っていいほど聞こうとしない。

このような上司の特徴を聞いて「心当たりがある」と思う方は多いはず。

「会社に一人ぐらいはいるよね、こういうタイプの人」というぐらい割と聞く話だと思います。

このタイプの上司の何が問題かっていうと、建設的な意見が通用しないところなんですよね。

既に上司の頭の中に思い描いているストーリーがあるので、現場の部下のリアルな意見が耳に入っていかなかったりします。

このタイプの上司は答えが初めから決まっているってパターン、結構多と思いますよ。

ある日、上司から「仕事の課題を解決するための意見を出せ」と言われて意見を出してみると、よくわからない理由で否定され却下される。

こういう時は、その上司が思い描いている回答を想像してそれに合わせて答えを出せばいいのです。

が、それが見当違いなストーリーだったりすると周りとしても悩ましいところですね。

すぐに感情的になる

ちょっとしたことですぐに感情的になってしまうタイプの上司、あなたの周りにいませんか。

ヒステリック上司は本当に厄介ですよ。

何かの出来事に怒っているのか、単に自分がパニックになっているのかよくわからないことが多いからです。

上司も人間ですから、感情的になることはあります。

ただ、本当に些細なことでも、すぐに反応してパニックになる上司がいますよね。

感情的になっている上司の一番厄介なことは「話し合い」ができないことです。

相手が収まるまで待つしかないのですが、もう少し安定してくれればなぁと思わずにはいられません。

いつもイライラしている

感情的なこととも関係する部分がありますが、いつもイライラしているような上司もいますよね。

イライラしているので、物を雑に扱ったり言動が激しかったりするタイプの上司です。

そんなにイライラすることが毎日絶え間なくあるのか?と思ってしまう程ですが、本人には何か気に食わないことが常にあるのでしょう。

このタイプの上司がいると、イライラが伝染して職場が常に重い雰囲気になりますね。

こういう職場では、上司が席にいるときと出張などで不在にしているときの職場の雰囲気が大きく違いますね。

上司がいないときのほうが伸び伸びと仕事ができるので、いっそのこと上司には在宅勤務をしてほしいですね。

テレワークのメリット5選!実際のテレワーカーが紹介在宅勤務をはじめとしたテレワークという働き方が浸透してきています。会社のオフィスに行く必要がない、家にいながら仕事ができるというのは働き方の選択肢を大きく広げてくれますね。テレワークのメリットについてまとめていきます。...

人の悪口が多い

「あいつはダメだ」「本当にしょうもない奴だ」口を開けば他人の悪口を言うタイプの上司もいますよね。

そんなに他人のことを批判できるほど、素晴らしい人間なんですかあなたは?

と突っ込みを入れたくなるほど、次から次に他人の悪口がわいてきます。

いつもイライラしている上司もそうですが、人の悪口を言うタイプの上司も職場の雰囲気を悪くします。

悪口の対象が自分の知らない人であったとしても、悪口を聞いていているだけでこちらは不愉快になりますよね。

そして、他人の悪口を言いまくっている人は、その数だけ他人から悪口を言われています

他人から数多くの悪口を言われている上司の下で、働きたいと思いますか。

判断を下さない

権限ある立場なのに、判断を下さない上司もうざいですよね。

何がうざいって「仕事が進まない」からです。

A案B案どちらかで行くしかないという状況でも、判断を下さず部下に放り投げて自分は颯爽と帰宅していく。

もし自分の上司がそんなタイプだったらイライラしますよね。

仕事を放り投げるならまだしも、追加で部下を叱りだす上司もいます。

また、仕事で自分の思い当たる不安点を挙げて、事柄をぐちゃぐちゃにした挙句「あとはよろしく」の丸投げタイプ上司もいます。

これだと仕事が進まないどころか仕事が増える一方ですね。

判断を下さない上司も、うざい上司の特徴です。

自分の出世のことしか考えていない

とにかく「自分の出世に影響が出ないように」という事を最優先に考えている上司です。

なので、職場や部下のことなんか出世に関係なければ全くと言っていいほど興味を持ちません。

むしろ「何にもやらかしてくれるなよ」的なオーラを振りまいています。

わりとこのタイプの上司も多い印象です。

「それをやると俺の立場が悪くなる」とか「なんで俺に情報共有しないんだ、俺が何もしていないみたいに見られるじゃねえか」と、対外的なことばかり気にしていますよね。

こんな上司がさらに上の立場に行ったら大変と思うわけですが、上からは意外に評価が良かったりするので、そのまま出世していってしまうこともしばしばあります。

仕事ができない

「上司だから仕事ができる!」かはわかりません。

年功序列の風土が残っている組織は、仕事ができないのに上の立場にいる人も多いでしょう。

上司なのに、組織間の調整事とか全くできないタイプもいますね。

「もはやすべて自分でやったほうがスムーズにいくのでは?」と思ってしまうほど、段取りが苦手な人もいます。

また、「それ、上司の仕事じゃないよね?」というような仕事内容にも手を出していることがありますね。

せっせと仕事をしているように見えても、仕事内容が担当者レベルの内容です。

これは上司の仕事ではありませんよね。

自分の立場に合った仕事にフォーカスできていないので、仕事ができていないですね。

ただ厄介なのは、本人は「俺が一番仕事している」と思っているところです。

仕事の内容は置いといて、とりあえず手を動かしているので仕事をしていると勘違いしてしまうのですね。

まとめ

今回はうざい上司の特徴をまとめてみました。

上司が法令違反を犯している場合は、関係当局と連携して対応していくことで有効な対策を打つことはできます。

ただ、特に法令違反が無いような場合は、これといった対処法がないところが現実ですね。

一つ言えることは、「衝突してもしょうがない」ですね。

変えられるのは自分自身だけなので、自らの考えを変えることが一番手っ取り早いです。

ここまでうざい上司の特徴を挙げてきましたが、普段は「気にしないこと」が一番有効な対処法になります。

気にしている時間があるのなら、その時間をもっとほかのことに利用した方が自分にとってプラスになります。

うざい上司を反面教師にして、日々の生活に活かしていきましょう。