仕事

【仕事が暇すぎてつらい】今すぐできる時間つぶし7選

仕事が暇すぎてつらい。そんな時はありませんか。

忙しく仕事をしている人からしてみれば「なんて贅沢な」と思わず口にしてしまいそうな状態ですよね。

なんともうらやましい話に聞こえるのですが、実は仕事が暇だと思っている人は意外と多いもの。普段は暇ではないけれども、とある一定の時期は「暇」になる方も多いのではないでしょうか。

仕事は忙しすぎるのはもちろんしんどいです。

ただ、暇すぎるとそれはそれで時間が経つのが遅く感じてしまい、つらいものですよね。

本記事では、仕事が暇なときに使える対処法を紹介していきます。私自身、仕事が暇なときに実践して時間をつぶせた方法を紹介しているので、仕事が暇すぎてつらい状態の時に参考にしていただければ幸いです。

デスク周りの整理整頓をする

仕事が暇なときは、まずはデスク周りの整頓をするのがおすすめです。

仕事をしていくと、デスク周りが少しずつ散らかっていきますね。仕事で忙しい時期には「一つの仕事が終わるたびにデスク周りの整頓をする」ことがなかなかできません。

デスク周りを整頓している時間があれば、次の仕事に自然と手が伸びているはずです。

自分では整頓しているつもりでも、一週間もすればデスク周りの状況は変わっています。

仕事が暇なときは、半日もしくは1日使うような勢いで「徹底的」に整理整頓していきたいですね。

例えば、筆記用具は最低限何が必要なのかを考えて、それ以外のものを全て断捨離していきます。

「机の中に色ペンがたくさんあるけど、使っているのって2、3色ぐらいだな」「シャーペンとボールペンはそれぞれ2本あれば足りるな」など、自分の普段の行動と使用頻度を考えて整理していきます。

この必要最小限を徹底して考えていくと、自分のデスク周りが驚くほど整理されます。整理整頓が終わる頃には自然と時間も経過していますね。

パソコンの中のデータを整理する

パソコンや会社で使用しているサーバ内のデータを整理することも、時間を使えるのでお勧めです。

「フォルダの階層をどう管理しようか」「ファイルの名前をどう統一していこうか」を考えているだけでも時間をつぶせます。

いらないデータの削除に取り組めば「ひとつずつ中身を確認してく」ことになるので更に時間を使いますね。

データ整理は仕事の効率を高めてくれるものです。このデータの整理ができていないと、仕事で必要なデータを探し出すのに時間がかかります。

「何かを探す時間」というのは時間の使い方としてとても効率が悪いです。急いでいる時にお目当てのデータが見つからないとストレスですよね。

最初に挙げた「デスク周りの整理整頓をする」でも同じことが言えますが、仕事の環境を整えておくと後々の仕事をスムーズに進めることができます。

時間があるときにデータの要否も含めて整理してみてはいかがでしょうか。

すでにあるマニュアルの編集をする

すでにあるマニュアルを使って時間をつぶす方法です。

これも作業的なものになりますが「誤字脱字のチェックをする」「文章や図面のレイアウトを読みやすく整える」「文章の言い回しをわかりやすく修正する」などをすることで時間をつぶせますね。

すでにあるマニュアルでも手直しが必要なものはありますよね。とりわけ分厚いマニュアルの場合はそれだけ時間をつぶせます。

ただし、完璧にやろうとするときりがないので「途中で飽きてしまったらやめてもいいや」くらいの気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

office系ソフトの機能の勉強をする

WordやExcel、PowerPointを普段から仕事で使用している方も多いと思います。

時間があるときに機能の勉強をしておくと、後で役に立ちます。

世の中にはこれらに関する書籍も出回っていますし、ネットで検索すれば多種多様な機能の使い道が出てきますね。

エクセルの関数一つとっても「このような使い方があるのか」と驚かされるようなアイデアもあるので、時間を使って調べてみてはいかがでしょうか。

やりたいことの計画を立てる

まとまった時間が確保できそうであれば、自分がやりたいことの計画を立ててみてはいかがでしょうか。

例えば旅行の計画、勉強の計画、家計をやりくりする計画です。新しいことを計画していくことはワクワクしますよね。

計画を立てることで、いざ実行に移すときにスムーズに始めることができます。

時間をつぶすことを目的としているので「普段はこんな細かく計画しないよね」くらいのレベルまで時間をかけて作りこんでみてもいいかもしれません。

細かく計画を立てていくと、いろいろと調べることが出てくると思います。調べていくうちに知識がついてくるので、気が付いたらその分野に詳しくなっているなんてことも。

時間に余裕があるときこそ徹底的に計画を作りこんでみてはいかがでしょうか。

行動力をつける!一人で動いてよかったと思う事5選一人で行動していくには行動力が必要ですね。でも、この行動力さえつけてしまえば自分のやりたいことをやりたいようにすることができます。 一人で行動していくと魅力がたくさんあります。一人行動の魅力についてまとめていきます。...

スキルアップやキャリアに関することを考えてみる

自分が今後どうなりたいのかによって、自分のスキルアップにつながるものや進んでいきたいキャリアが変わってきます。

自分がどうなりたいか、どういう状況になったら幸せと感じるかを考えていきます。

例えば「技術を磨いてどこでも通用するようになりたいのか」「単純に収入を多くしたいのか」「収入はほどほどに働く時間を減らしてのんびり暮らしていきたいのか」といったことです。

ネットが使える環境なら、これらに関する情報を調べて考えていくことができますね。

情報は調べれば調べるほど出てきますし、得られた情報をもとに自分の身のふり方を考えていくことになるので、割と時間をつぶせる方法です。

仕事がつまらない?原因と改善策を紹介仕事がつまらない、やりがいを感じないと感じている。かといって、これと言って面白いと思えることがわからない。このように感じていませんか。この記事は、仕事がつまらないという人に向けて、改善策を含めて話していきます。...

ニュースを読み、考え、そこから持論を書き出す

毎日慢性的に暇を持て余しているのであれば「ニュースを読み、持論を書き出す」ことをしてみてはいかがでしょうか。

社会人であれば、自分で考えて自分の意見をまとめていく力は重要です。

暇を持て余しているのなら世の中のニュースに対する自分の持論を書き出してみてください。

ニュースは毎日配信されますし、世の中で話題になることはいくらでもあるのでネタが尽きることなく続けられます。

自分の考えをまとめていく作業や文章を書いていく作業は、慣れていないうちはとても時間がかかります。そして、自分が思っていたほどうまく書けません。

ただ、自分の書いた文章が誰かに見られるわけではないので気軽に書くことができますね。

慣れてきたら、ほかの人に客観的に見てもらったり「要点のみ端的に書き出す」といったことを意識してみるのも良いです。

慣れてくるとコミュニケーションの場でも自分の考えをまとめて端的に話せたり、メールを素早く処理できたりするので、仕事に良い効果をもたらしてくれます。

読書だけではダメ?アウトプットが大切です本を読んでいるけれども、自分の成長を感じられない、なんだか前に進んでいる気がしないと感じていませんか。それは、アウトプットが足りないだけかもしれません。本を読むことはインプットです。インプットだけでは自分は成長していかないですね。本を読んでアウトプットしていくことが大切です。...

まとめ

以上、時間をつぶす方法を紹介していきました。気になるものがあったら是非試してみてください。