暮らし

我慢強いことはいいこと?我慢の種類を考えよう

目の前の仕事に対して

「これ、我慢する必要なんてあるのか?」

なんて考えてしまいますよね。

周りから「まだまだ我慢が足りない」とか「俺だって我慢しているんだから」なんて言葉を浴びせられて、いまいち納得できない我慢を強いられている方もいると思います。

「我慢すること」自体が悪いことではありませんが、何も考えずに目の前のことを我慢するのは良くありません。

我慢の種類を考えて、そこに合わせて行動していくことが大切です。

良い我慢と悪い我慢がある

我慢には種類があります。

「良い我慢」と「悪い我慢」ですね。

良い我慢とは将来の自分を豊かにしてくれるものです。

一方「悪い我慢」は将来の自分を蝕んでしまうものです。

なにかと受動的でいると、基本的には悪い我慢をしてしまうことが多くなります。

悪い我慢を続けてしまうと

悪い我慢を続けていくと、自分が消耗してしまうばかりか、大切な時間まで浪費してしまいますよね。

以下は悪い我慢の一例です

  • 満員電車に乗る
  • 膨大な量の仕事を言われるがままこなしていく
  • 周りの人に合わせてしまう
  • 無駄な飲み会に参加する
  • 嫌いな上司に耐える

このようなことを続けていても「自分の将来を豊かにしてくれない」という事は想像できると思います。

悪い我慢を続けていても本当に体力を消耗してしまうだけですね。

会社で消耗してしまうと仕事が終わったときには疲れ切っていて、自分の時間で何もする気が起きないですよね。

家に帰って疲れ切って寝るだけ、次の日朝起きたらまた仕事で消耗するという悪循環になります。

この悪循環に陥ったら、良い我慢もできなくなってしまいますよね。

仕事が終わったら

「運動しようとしていたのに」

「勉強しようとしていたのに」

「読書をしようとしていたのに」

疲れていてやる気が起きない。。。

悪い我慢を続けていくと、何もできない状態に陥ってしまいます。

まずは、悪い我慢を排除していく

悪循環を止めるには、自分の将来を蝕んでいく「悪い我慢」を少しでも排除していくことが必要になります。

上の例でいえば、それぞれ以下のような改善策がありますね。

「満員電車に乗る」の改善策

  • 少しでも職場の近くに住む
  • 朝活をして通勤時間を早める
  • 在宅ワークをする
満員電車のストレスがヤバすぎる!解放から2年経過して感じたこと会社勤めのサラリーマンであれば避けては通れないのがこの「満員電車」。昔はそういうイメージでしたが、現代では働き方次第で満員電車とお付き合いをしなくても済む環境が整ってきています。満員電車を避けて2~3年たった私が客観的に思う事を話します。...
【朝活】毎朝2時間を1年続けてわかったメリット毎日朝2時間の朝活を1年間続けてみたら、どのように変わると思いますか。朝活は「意識高い人がやるもの」から「皆がやるもの」にシフトしていくと思います。今後、生涯学習が必要になる中で、朝の「誰にも邪魔されない時間」は一人一人に必要となると感じています。どうせやるなら早い方がいいので興味があれば初めてみてはいかがですか。...
テレワークのメリット5選!実際のテレワーカーが紹介在宅勤務をはじめとしたテレワークという働き方が浸透してきています。会社のオフィスに行く必要がない、家にいながら仕事ができるというのは働き方の選択肢を大きく広げてくれますね。テレワークのメリットについてまとめていきます。...

「膨大な量の仕事を言われるがままこなしていく」の改善策

自分から業務効率や業務フローの改善を図っていく、組織に提案していく

働き方改革が叫ばれる時代【個人でできる時間削減とは】2019年4月から働き方改革関連法が施行されました。 時間外労働の上限設定やインターバルの設置、有給休暇の取得義務化が始まり、多くの企業...

「周りの人に合わせてしまう」の改善策

人は人、自分は自分。目の前にある価値観がすべてではないことを学んでいく。そして、その学びの機会を増やすために、自ら行動したり、本を読んだりしてみる。

行動力をつける!一人で動いてよかったと思う事5選一人で行動していくには行動力が必要ですね。でも、この行動力さえつけてしまえば自分のやりたいことをやりたいようにすることができます。 一人で行動していくと魅力がたくさんあります。一人行動の魅力についてまとめていきます。...
読書で感じた7つのメリット【毎月10冊以上読んでわかった効果】読書のメリットと言えば、自分が知らなかったことを短時間で学べるからですよね。情報が体系的にまとめられた本を読むことで、多くの情報を短時間でインプットすることができます。この記事では、読書を通じてわかった7つのメリットを紹介していきます。...

「無駄な飲み会に参加する」の改善策

誘われても断るようにしていく

会社の飲み会の断り方3選!ここ数年出席率0の会社員が語ります会社の飲み会の断り方について書きました。嫌な上司や先輩から会社の飲み会に誘われたら行くべきなのか?会社の飲み会もほどほどに、もっと自分のお金と時間を大切にしていきたいところです。...
仕事での付き合いの飲み会は無駄です無駄だと思いつつなんだかんだ行ってしまう仕事上の付き合いの飲み会。そんな飲み会から解放されたくはありませんか。付き合いの飲み会から解放されることのメリットと、その方法を書いていきます。...

「嫌いな上司に耐える」の改善策

  • 部署異動を希望する
  • 転職を視野に入れる
高圧的な上司の特徴と心理は?我慢する必要はないあなたの周りに高圧的な上司はいますか。 会社に入ると「高圧的な上司」の話を聞いたことがある方も多いと思います。 自分の会社の同僚が高...

いきなりすべてを解決していくのは難しいかもしれませんが、徐々に排除していくことで自分の生活に余裕が生まれてきます。

自分の中で余裕が生まれてくれば、良い我慢に使うためのエネルギーを確保することができます。

良い我慢を続けていくと

自分の中で何かやりたいことがあったり、掲げた目標に向かって行動していく中では、どこかで我慢を強いられるタイミングがあります。

体質改善のために筋トレをしてみたり、未知の分野の知識を習得するために勉強したり本を読んだりする中でも「我慢のしどころ」というのがありますね。

ただ、これらの我慢は将来の自分を豊かにしてくれます。

筋トレを続けていけば、数か月後には体質改善が実感できるでしょう。

勉強を続けていけばわからなかった部分も理解できるようになってきますね。

「我慢のしどころ」を乗り越えていった結果、後から成果がついてきます。

良い我慢は好循環につながる

この「成果を実感できる」というのはとても大事です。

一種の成功体験のようなものなので、次の目標を掲げたときにも「また頑張ろう」って思うことができます。

これは好循環につながるので自分の行動を加速させる原動力になりますね。

よい我慢を続けていくことは、自分にとってもプラスが大きく、将来を豊かなものにしてくれます。

良い我慢に慣れてくれば、我慢を我慢だと思わなくなるかもしれませんね。

今回は我慢についてまとめてみました。悪い我慢を排除し、良い我慢を増やす生活にシフトしていくことが大切ですね。